読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大森靖子さんについて

こんばんは。

荒廃です。

 

二連休だったので、妻の実家に行ってきました。

僕は特にやることもないので、ずっと本を読んで過ごしました。

一日のほとんどを本を読んで過ごす休日は、

思えば随分と久しぶりな気がします。

たまには、いいですね。

 

話は変わりますが、皆さんは大森靖子さんをご存知ですか?

 

僕はアップルミュージックを利用していて、ほとんど毎晩、30分から1時間くらい音楽を聴いて過ごします。

じっくりと聴き込むこともあれば、新たな音楽との出会いを求めて、様々な曲をぼんやりと探しながら、ちょこちょこ冒頭を聴いて、好みの曲を探し続ける時もあります。

そんなある夜のこと、「ピンクメトセラ」という曲に出会ったのです。

 

タイトルがいいですよね。

なんか気になります。

響きと、文字面が、なんとも甘美。

聴いてみたら、曲も良かった。

 

そして、その曲を歌ってるのが、先述した大森靖子さんです。

おおもりせいこと読みます。やすこさんかなと思ったのですが、せいこさんでした。

 

僕は女性ボーカリストの曲はそれほど進んで聴かないタイプなのだけれど、彼女のつくる曲と歌声は、不思議と僕の心を魅了した。ロックを基調とした音楽性に、彼女特有の危うい魅力に満ち溢れてる。

 

いい曲ですねとか、歌がうまいですねとか、そういった月並みの評価は彼女の音楽性に相応しくない。

聴いているとなぜか不安になる。

彼女の曲を聴いていると、なんだかいけないことをしているような、妙な気分になる。

でも、つい繰り返し聴いちゃう。

才能って、そういうことをいうんだろうな。